2012年11月30日

追加

(引用:National Geographic News )

ブラックホールから最大規模の物質放出

 
Andrew Fazekas 
for National Geographic News
November 29, 2012
 

 115億光年以上の彼方にある超大質量ブラックホールで、記録的なガスと塵の放出現象が観測されたという。質量が太陽の10億〜30億倍というこの巨大ブラックホールは、「SDSS J1106+1939」と呼ばれるクエーサーの中心部に存在する。クエーサーとは、非常に明るく高エネルギーな銀河の一種だ。

posted by THC at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オカダノヘヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽の2兆倍

(引用:National Geographic News )


過去最大のクエーサー放出エネルギーを観測、太陽の2兆倍



【11月29日 AFP】米バージニア工科大学(
Virginia Tech University)の天文学チームは、観測史上最も強力なクエーサー(恒星状天体)のエネルギー放出を検知したと発表した。宇宙誕生の原理を説明する「初めての証拠」だという。

 南米チリにある欧州南天天文台(European Southern ObservatoryESO)の大型望遠鏡VLT(Very Large Telescope)で検知したクエーサー「SDSS J1106+1939」から放出されたエネルギーの大きさは太陽の2兆倍で、質量は400倍にもなる。これまで観測されたクエーサー放出エネルギーの5倍以上も強力だという。

 クエーサーは非常に明るい星のように輝く天体で、新しく生まれた銀河の中心に存在する巨大ブラックホールをエネルギー源としていると考えられている。地球から非常に遠い距離にあり、最も精巧な望遠鏡を用いても検知した光は数十億年前のものとなることから、原始期の宇宙を知る手がかりになるのではと期待されている。

 天文学説では、巨大銀河が少ないことや銀河の質量とブラックホールの関係などにクエーサーからのエネルギー放出が関係しているとされるが、研究チームによるとこの原理で示されるほど強大なエネルギー放出が観測できたのは今回が初めてという。(c)AFP
AFPBB News トップへ
posted by THC at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | オカダノヘヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

おや!

うーん
AC.jpg
ギザギザしてないか…
AC2.jpg
posted by THC at 21:11| Comment(1) | TrackBack(0) | オカダノヘヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

そろそろみたいよ!

posted by THC at 15:50| Comment(1) | TrackBack(0) | オカダノヘヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。