2013年09月11日

痴漢? ダメ。ゼッタイ。

放送の中で、支配の下に組み込まれた人々は自分の利益のために支配を行ってて、それって、自分に嘘ついてるよね。僕らは気づいてしまったショッカー隊員だ。
みたいな感じのことを言ったけど…

自分の利益のために主張することも、自分の所属する集団を護ることも、もしかしたら、とても原始的なことなのではないか。本能に近いのかもしれない。だとしたら、ほとんどの人は「自分が正義だ」と信じるものなのだと思う。
体制の中にいれば、法やルールが正義だし、組織の決定が正義だったりするけど、「正義だと信じたい自分」に対して、自分に嘘をついてることに気づかないっていうか、嘘はついていない状態なのだと思う。
逆に正直なのだ。きっと。

だから、
痴漢行為をすることは容易ではないけれども、不可能とまでは言えない」
という理由で有罪判決を下す判事も、

容疑者の姿を見ていなくても、
痴漢の犯人が逃げている。あの人に間違いない」
と言えてしまうお母さんも、きっと根っからの正直者で、本当に信じているのだと思う。


信者なのだよ。
ある意味、確信犯である。



http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-3661.html
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-3917.html
posted by THC at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | オカダノヘヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。