2014年04月23日

THC_140423_一人ジャズ

今日はね、今日はね、音楽だけ〜!!!!!

節操のないオイラの選曲を楽しんでみてください☆
posted by THC at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ホセヤノニワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

THC_140409_憤っていいとも!

んなんなんなんなんなんなんな-----
ってキーボードで打つのムズいよ☆

しかしあれだね、 
俺が思うに、人類の進歩、主に科学っちゅううのは、なんだ...ペニ、ペニ、、ス、ススス、ペニペニ、、ペにシリンだっけ?
そのころから?つーか?電気や電波を利用できるーとか、蒸気がどーのーとか、航空リキガクがーとか...なにやら自然の力を理解して人のォ 営みに利用してきたってとこでは、もうずっと昔から何も変わらない、時代はぁ、技術はぁ、むっちゃぁ、進んでいるみたいだけどぉ、じつは全然進歩してない。
車輪やテコなんかのアルキメデスやエジプシャンピラミッドォドなんかともなんも変化のない退屈な何千年かを送ってたのかなぁ〜なんて思うこともあるときもありますけど...

ようするにとっくに、とっくの昔に...、実は毎日毎日テクノロジーは進化しつつ、新しい発見や進歩があるようにコマーシャリングされ、ありがたい、情報そのものがありがたいって感じに宣伝されてます(宣伝の宣伝)が、じつは何も変わってない幼稚な世の中、或る意味ノスタルジーで安心。

でも本気で人類、いや地球そのものが幼年期からの卒業を迎えると考えると、そりゃまず人間の生老病死。
これ大事っすね。どんな人でも人生の中で悩み苦しむってのは、
「生きる」「老いる」「病む」「死ぬ」
ってことだと思います。
だから世の中のビジネスや商品でこれに関係することすごい多いでしょ?、ってかほとんどくない?医療とか。福祉とか。


これを仏法では、人間の精神(生命)は永遠ってことで解決策をミイダしました。

今、目の前に有るもの、肉体も含めて全ての物質には終わりがあるけど、魂そのものは永遠であると...

すでに私達は今有る私達の前から有って、今の私達が滅しても私達は有り続けると...

般若心経ではこの世界は空、その後の法華経では、だからこそ命に刻む実践へと☆

この哲学を理解することができれば、けっこう広い部分でいろんな悩みを解決することができると思います。


が、が、が、がですよ!!!!!!何回目か知らないけど(本当は一回目かも知れないし、輪廻転生なんてないかもしれないし)、
生まれたからには、今回の生を使って新しいレベルに行きたいって思うのはおかしいことでしょうか?

もし、輪廻転生が本当なら転生してる間はまだ成仏してないってことですよぇぇ? みんな葬式の時、成仏願うでしょ?

ということは、この輪廻のループから外れて、新しい世界の扉を開くことが人類の...っつーか俺の!生まれてきた理由

よーするにチャレンジだと思うんすね。俺からすればみんなもそーだと思ってます。ただ俺も含めてすごい記憶そーしつだと感じてますが、、、


で、先の話の人類は実はこれまでいろいろやってきた気分だか、実は科学的にもそれ以外でも何も掴んでない幼年期だという話の続きになりますが、

ここからは僕の妄想(じゃぁ、今まで妄想じゃなかったんかいって言われそうですが)、
人類は今、頭打ちです。先に言った生老病死も、エネルギー問題も、食料も、貧困も、戦争も、、、

今までの各国政府に任していたままで、俺たちはジーパン着て、テレビ見て、ハンバーガー喰ってだけじゃなにも解決しません。

てか、なにも考えられない間に誰かが勝手に間違ったことを決めていくことに気づきもしないかもです。



「でも普段から一生懸命良くしようと考えてる人はけっこういて、そんな人が天然でしかも天才なら、しかけてる側の予測に反する出来事が起きる。」



みんながビックリするようなことが、本当にたまに、たまにですけど起こるのです。

しかもこの起こしてる人が天然なら最強です。もし、こんな人を見つけたらぜひ応援しましょう!!!!!

ちなみに俺はこんな文を書いてる時点で天然じゃありませんので、俺のことじゃないと思います。

開け!ごまん!

てな感じな話をしたりしたかったりのThe Hologramu Cityはこの後11:00から!
タイフーンfm 78.0MHz




posted by THC at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ホセヤノニワ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

神武景気だたー

「いざなぎ景気」って言っちゃったけど、「神武景気」だったー。
でも、「岩戸」とか「いざなみ」とか、たいそうなネーミングの合間に、「バブル」って…
期間短くて、儲かった人地獄見た人、両極端だったからネーミングの扱いも軽いね。次にもっと瞬間的で極端な景気が来たら、「ニュートリノ景気」で。

posted by THC at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | オカダノヘヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。